住宅ローン繰り上げ返済で注意する点とは?

イメージ
今回は、繰り上げ返済の注意点について考えてみたいと思います。

 

繰り上げ返済は、住宅ローンの総支払額を低減する、非常に有効な手段の一つです。

 

単に総支払い額を低減するだけではなく、日本人は借金を嫌う国民性ですから、繰り上げ返済を活用してできるだけ早く借金を無くしたい、と考えている人も多いと思います。

 

実際、多くの人が繰り上げ返済を行っていると思いますが、過度な繰り上げ返済には思わぬ弊害が発生する可能性がありますので注意が必要です。

 

最も有名な弊害が、繰り上げ返済貧乏です。繰り上げ返済を行うと、それだけ手持ちの現金が減少します。

 

手持ちの現金が減少しても、収入が安定していて、出費が少なければ、何の問題もなく、繰り上げ返済は大きな武器になります。

 

しかし、未来にはどのような不測の事態が発生する可能性もあります。現金が減りすぎると、想定外の事態に対応できなくなるリスクが高まります。

 

例えば、安定した収入に変化があるかもしれません。会社が倒産するかも知れませんし、リストラに遭遇するかも知れません。

 

また、怪我や病気などで仕事を継続することができなくなるかも知れません。

 

また、想定外の出費が待ち受けている可能性もあります。例えば、家族が怪我や病気などになり、高額な治療費が必要になるかも知れません。

 

国立大学に行くつもりでいた子供が私立大学に行くことになるかも知れません。これらのリスクは低いかも知れませんが、ゼロではありません。過度の繰り上げ返済で現金が減っていると、これらの事態への対処が困難になります。

 

最悪の場合には、住宅ローンの返済が滞って破綻するという危険性すらあります。繰り上げ返済はもともと資金に余裕がある状態で行うものですから、繰り上げ返済が原因で住宅ローンを破綻させてしまっては意味がありません。

 

手持ちに少しでも現金が残ると、繰り上げ返済をしなければ、と感じてしまう「繰り上げ返済依存症」の方もおられると思います。

 

資金繰りが順調な状況ではそれもOKですが、手元に残す現金とのバランスをとることが非常に重要です。

 

以前は、住宅ローンの総支払額を低減させる方法しかない、とされていましたが、最近では、住宅ローン自体も多様化し、様々な選択肢があります。繰り上げ返済以外にも、金利プランを変更したり、住宅ローンを借り換えたりする方法もあります。

 

また、東京スター銀行のように預金するだけで繰り上げ返済と同じ効果がある預金連動型住宅ローンというシステムもあります。

 

繰り上げ返済のみにこだわらずに、様々な選択肢の中から、最適なものを選択すべきです。

住宅ローン繰り上げ返済がお得なランキング!2017年11月更新