住宅ローン繰り上げ返済の手続き方法は?

イメージ
今回は、繰り上げ返済の流れについて考えてみたいと思います。

 

いろいろなケースがあるとは思いますが、繰り上げ返済を行う場合には、概ね、以下のような流れになると思います。

 

1.現在の剰余金の確認
まず、繰り上げ返済として返済可能なお金がどの程度あるかを確認します。繰り上げ返済をすることにより、支払う利息を低減することができますが、返済する剰余金が無ければ話になりません。繰り上げ返済に充てる剰余金を何らかの方法で貯める必要があります。毎回の住宅ローン返済以外に、毎月少しずつ積み立てるとか、ボーナスを充てるなどの方法があると思います。

 

2.今後必要となる金額の見積もり
繰り上げ返済をした後には、当然、手持ちの現金が減ります。現在、安定した収入があって、毎月の住宅ローンの返済以上に余裕があったとしても、リストラにあったり、怪我や病気になったりして、収入が減る可能性があるかもしれません。また、子供の養育費や両親の介護費などが必要になる可能性があるかもしれません。ある程度想定できる出費の確保と想定外の出費に対する備えを行う必要があります。手持ちの現金が少なすぎると、突然の出費に対応できず、最悪の場合には住宅ローン返済が破綻してしまうと、元も子もありません。

 

3.返済額の決定
上記の現在の剰余金から、今後のために残しておくべき現金を引いたものが、繰り上げ返済に充てることのできる金額になります。その金額が、住宅ローンごとに定められている繰り上げ返済の最低金額以上でなければなりません。ネット銀行などでは、1万円以上であれば繰り上げ返済が可能というところがありますが、50万円や100万円以上と定められている金融機関もあります。また、繰り上げ返済に手数料が必要となる金融機関もありますので、こまめに繰り上げ返済をするか、まとまった金額になってから行うかを選択する必要があります。

 

4.返済時期の決定
住宅ローン減税は、年末時点でのローン残高によって、控除される金額が変わってきます。従って、年末近くに繰り上げ返済を行うより、年明けに行ったほうが得という場合もありますので、繰り上げ返済を行う時期も検討する必要があります。

 

5.返済後の返済方法の決定
繰り上げ返済を行った後の返済方法として、「期間短縮方式」か「返済額軽減方式」を選択する必要があります。期間短縮方法の方が、支払う利息を低減する効果が大きいですが、月々の支払額は変わりませんので、住宅ローンの返済が苦しくならないよう、注意する必要があります。返済額軽減方式は、支払う利息を低減する効果は相対的に小さくなります。

住宅ローン繰り上げ返済がお得なランキング!2017年4月更新